Just another WordPress weblog

医者の年収

医者と聞くと、なんだかお金持ちのイメージを持つのではないでしょうか。自分には全く縁がないのでイマイチピンとこないのですが、合コンやお見合いで「相手は医療関係者」と聞くと顔や性格はともかくとして、少々経済面で期待してしまう人も多いのではないかと思います。それでは、お医者さんはどの程度のお給料をもらって仕事をしているのでしょうか?厚生労働省の調査によると、年間賞与を含む医者の平均年収は1141万円、月収に換算すると88万円で、時給に換算すると4972円となるようです。これを高いとみるか、医療という業務の内容に照らして妥当な収入とみるかは考え方によると思いますが、一般的なサラリーマンの年収が500万円に届かない昨今の状況を考慮すればかなりの金額と言えるでしょう。他の業種と同様、同じ医者でも、立場などから年収に差は出てくるようです。医学部を卒業したてのいわゆる研修医は以前はほぼ無給に近かったのですが、最近は法律の改正などにより年間300~400万円の収入を得ています。研修医時代では年収の開きはまず発生しませんが、その後の進路によって生涯年収が変わってきます。おおまかに分けると1.大学病院の医局勤務の場合と2.市中病院勤務の場合、そして3.開業医の場合ですが、1の場合はじめは300~600万円、その後講師や助教授になることで年収が700万~、そして教授になることで1000万に届きます。2の場合スタート時でスタート時の医師が600~800万円くらい、5~10年後の医師が1000万円台で、部科長クラスの医師で1500万円超、院長になると2000万円くらいになります。3の場合経営が軌道に乗れば平均で年商2,000~3,000万円くらいですが、ゼロから開業すると初期投資でかなりの金額がかかるようです。それでも、リフレクソロジストの資格を取ったばかりの私には、羨ましい限りの収入です。